賃貸マンションのメリット

売買マンションとの比較

まず賃貸マンションと売買マンションを比較すると、売買マンションに関しては全額一括前払いをする必要はないものの、ある程度の頭金を用意するがあります。それに対して、賃貸マンションに住み始めるには初期費用が殆どかかりません。また、陽当たりが良い事や衛星放送アンテナを向ける方向に高い建物がない事を確認してから入居したとしても、住んでみないとわからないこともあります。例えば、壁が薄めで騒音がすごい事が入居後にわかっても、売買物件であれば我慢しながら暮らしていかないといけません。それに対して、賃貸物件に住み始めた場合は騒音問題など解決できない問題が発生し、もうどうにもならないと判断した場合はすぐに退居するという形をとれます。そういった部分は圧倒的なメリットと言えるでしょう。

戸建て賃貸物件との比較

続いて、全国各地に一定数存在する「戸建て賃貸住宅」との比較です。この2つを比較すると、なんといっても防犯性に大きな差があると言えます。マンションとはグレードが上がるほど防犯設備が良くなっていく傾向で、オートロック・防犯カメラ付きマンションに住めばあまり泥棒に入られる恐れがありません。さらに居住希望のマンションが24時間セキュリティーシステムを導入していれば窓や玄関からの侵入も防げますので防犯上の心配はあまり必要ありません。一方、戸建て賃貸住宅の大半を占める平屋住宅の中で、24時間セキュリティーシステムを導入している物件は皆無に近い状態です。そのため、例えば心配性の人だと旅行や出張中に留守中の家に泥棒が入らないか絶えず心配しながら生活をしなくてはなりません。その他、戸建て住宅に比べてマンションは断熱性が高い傾向で、冬にあまり暖房費がかからないのもメリットと言えます。