賃貸アパートのデメリット

木造が多いのでマンションほどの防音性能はない

賃貸アパートにはメリットもあれば、デメリットもあります。メリットよりもデメリットの方をしっかりと知ったうえで選ぶ方が理解している分、生活しやすいでしょう。賃貸マンションのデメリットとしては木造が多いため、マンションほどの防音性能はないです。つまり、隣人や上下階の住人、アパートの廊下を歩く音などが耳に入ってしまいます。また、音が耳に入るということは、自分が発生する声だったり、扉を閉める音だったりなども他の住人に聞こえることになります。ですから、賃貸アパートにて生活する際は、音に配慮した暮らしを意識することが大事です。住人それぞれが音に配慮しながら生活すれば、耳に入る音は小さくなるので快適に過ごせるでしょう。

断熱性能の低さを補う対策が必要

夏は気温が上がって暑くなり、冬は気温が下がって寒くなるので快適に過ごすには断熱性能が優れている住まいが理想的です。賃貸アパートは木造ということで、マンションよりも断熱性能が低いです。そのため、断熱性能の低さを補う対策を実施した方が快適に暮らせるようになるでしょう。たとえば、断熱性能を高められるカーテンを利用すれば、エアコンやストーブを利用した場合の冷気や暖気の効果を長く持続させられます。また、窓に断熱性能を高めるシートを装着すると、室内の温度を保ちやすくなります。カーテンやシートなど、断熱性能を補う対策は簡単ですぐにできるので、気になる場合は実践しましょう。寒がりな人は2階の部屋を選ぶと1階の住人がストーブを利用していれば、下からの熱で床が暖まります。