賃貸マンションの場合

色々な賃貸物件がある中で賃貸マンションを選択する人がいます。ここでは賃貸マンションのメリットやデメリット、さらには住み心地等を中心に紹介します。自分の生活にぴったりとあった賃貸マンション探しの参考にして下さい。

賃貸マンションのメリット

まず賃貸マンションと売買マンションを比較すると、売買マンションに関しては全額一括前払いをする必要はないものの、ある程度の頭金を用意するがあります。それに対して、賃貸マンションに住み始めるには初期費…

賃貸マンションのデメリット

月々の家賃とは別に、入居の際に敷金、礼金、仲介手数料がかかります。敷金は家賃の滞納や退去時の修繕費用に備えて貸主に支払う費用で、退去時に返金されますが、全額ではありません。礼金は謝礼金なので返金は…

賃貸マンションの間取り

賃貸マンションを選ぶ時のポイントの一つに物件の間取りがあります。賃貸マンションにはワンルーム物件もあれば、3LDKや4LDKなどのファミリー向け物件もあるので、家族の人数に合わせて選ぶようにするの…

>

帯広の賃貸物件を探す際には町の評価も忘れずに!

賃貸アパートの場合

賃貸アパートのメリット

住む場所を探す際に分譲マンションを購入するのと賃貸でマンションやアパートを借りるのとどちらがメリットが大きいのかは、多くの人が頭を悩ませるポイントではないでしょうか。この点、前者の場合には資産とし…

賃貸アパートのデメリット

賃貸アパートにはメリットもあれば、デメリットもあります。メリットよりもデメリットの方をしっかりと知ったうえで選ぶ方が理解している分、生活しやすいでしょう。賃貸マンションのデメリットとしては木造が多…

賃貸アパートの間取り

間取りをチェックすると内部が分かる

賃貸アパートを探す時には、まずは間取りをチェックする事が重要です。アパート情報には間取りが掲載されている事が多く、間取りを見る事によって部屋の内部をある程度、把握する事が可能です。例えば、間取りには部屋の広さを記載しています。1Kや1LDKなどの表記があり、さらに6畳や7畳といったように、分かりやすく部屋の広さを記載している事も多いです。また、部屋の広さだけでなくて、トイレやお風呂さらにベランダなどの設備も間取り図を見れば分かります。 このように、間取り図には部屋の内部を詳細に記載しているので、まずは間取り図を見て、もし気に入ったアパートがあれば実際に物件を見学します。不動産屋に行けば間取り図の見方について担当者が説明してくれます。

間取り図だけで契約しない事

賃貸アパートは、間取り図を見るとある程度内部を把握する事が可能です。しかし、すべてを把握する事は難しいです。例えば、部屋の雰囲気や設備が綺麗なのかどうかは実際に物件を見学しないと分からないです。また、昼間にどれだけベランダに太陽の光が当たるのかも間取り図では分からないです。太陽の光がベランダにあまり当たらない状況だと、洗濯物が乾きにくいので重要な事です。そこで、間取り図だけで契約するのではなくて、必ず物件を見学する事が必要です。 見学は、不動産屋の担当者に言えば行う事が出来ます。しかし、物件の中にはまだ入居者がいて、見学出来ないことがあるので、その場合は入居者が退去するのを待つか、新しい物件を探します。