賃貸マンションの間取り

賃貸マンションにはいろいろな間取りがある

賃貸マンションを選ぶ時のポイントの一つに物件の間取りがあります。賃貸マンションにはワンルーム物件もあれば、3LDKや4LDKなどのファミリー向け物件もあるので、家族の人数に合わせて選ぶようにするのがおすすめです。また、家族の人数が少なくても荷物が多い場合は、部屋数が多い間取りの物件を選んで収納スペースとして活用すると良いかもしれません。

ファミリー向け物件で増えているのが、メゾネット形式の物件です。ワンフロアではなく1階と2階に別れているのが特徴で、階下への騒音をあまり気にしなくても済むというメリットがあります。水回りの位置などは物件によってそれぞれ違うので、家族構成や生活スタイルに合わせて選ぶようにすると良いでしょう。

ライフスタイルの変化を見据えて選ぶ

近々、結婚や出産、親との同居の予定がある場合は、最初からそれを見据えた間取りの賃貸マンションを選ぶようにするのがおすすめです。また、賃貸マンションの中には、ひとり暮らしの時は広い1LDKで生活をして、その後のライフスタイルの変化によって、間仕切りなどで間取りを自由に変えられる物件もあります。できれば同じ物件に住み続けたいと考えている場合は、こうした賃貸マンションを選ぶようにすれば、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できます。

このように賃貸マンションにはさまざまな間取りの物件があるので、これから賃貸マンションを新たに借りようと考えている場合は、将来のことも見据えた上で自分に合った物件を選んでみてはいかがでしょうか。

札幌西区の賃貸物件を隣接する中央区と比較したところ、1Rの家賃相場は当該区内の方が、約1万円の安価となっています。札幌駅までも電車移動で15分程度の距離であり、人気の高いエリアとなっています。